前へ
次へ

不動産登記の必要性を感じるときがある

不動産の所有権が移るときには、法務局で不動産登記の手続をするのですが、手間や費用もかかるために、司法書士に相談をするのが賢明です。
しかし実際のところ、登記の義務、法律上の権限があるのか、そうした疑問も私たち消費者にはあるはずです。
その土地が自分のものだと主張する人が1人とは限らず、購入するつもりでいる人からすれば、誰から購入すれば問題なく入手できるのか、そうした不動産トラブルを円滑に処理するためにも不動産登記の申請は必要で、一般公開されていれば、問題解決に早く繋がるのです。
取引の安全にも関わる問題ですから、公示制度も設けられています。
では、登記簿にはどんな事柄が記載されているのでしょうか。
第一に、所在、面積の記載です。
そして、誰が所有権を持つのかという権利関係について記されています。
今は、コンピューター化されていて、登記記録という呼び方で、1区分の土地、1個の建物ごとに「表題部」と「権利部」に分けられています。

Page Top