前へ
次へ

不動産登記簿に記録されている内容

不動産登記では、土地と建物、別々に登記を行うのですが、1区の土地ごとに表題部と権利部に区分されています。
さらに詳細な記録とするため、権利部は甲区と乙区に分けられています。
甲区には所有権に関する登記の登記事項を、乙区にはそれ以外の権利に関する登記事項が記録されています。
ちなみに、マンションのような区分建物に関しては敷地権が記されていて、これは、土地と建物が一体化した取引となるマンションならではで、必然的に一体形式になっています。
不動産登記でいう表題部は、表示に関する事柄が記載されています。
例えば、権利対象の土地あるいは建物の所在、地番や地目、地積や床面積などが記録されています。
地番10番の土地なら、その土地がどこに、どれくらいの広さで、居住用なのか事業用として利用されているのか、そうした内容を記録しています。
権利を主張する前提となる内容です。
一方の権利部は、権利の主体、種類、その内容が記録されています。
もちろん、住宅ローンの支払いが終わり、金融機関から不動産の権利の移転や変更に関する内容もこちらに記録されます。

Page Top