前へ
次へ

抵当権に関わる不動産登記

土地や建物は高額の資産価値があるため、お金を借りるときなどには抵当に入れられる資産として活用することができます。
例えば、銀行でローンを組みたいと考えたときに土地を抵当に入れるとその資産価値に相当する程度のお金を借りられるのが一般的です。
ただ、いざ返済的なかったときにはお金を貸した側が不動産の所有権を手に入れられるように抵当権を定めなければなりません。
このときに必要なのが不動産登記で、抵当権設定登記をすることになります。
銀行などの金融機関でローンを借り、抵当として所有している不動産を利用するといった場合には手続きは代行してもらうことが可能です。
抵当権が設定されると自由に売買ができなくなるので注意しましょう。
一方、ローンを返済し終えたときには抵当権をなくしておかなければなりません。
その際に行われる不動産登記が抵当権抹消登記です。
繰上げ返済などをして早めに返済を終えたときでも必要になるので忘れないようにしましょう。

Page Top