前へ
次へ

抵当権に関わる不動産登記

土地や建物は高額の資産価値があるため、お金を借りるときなどには抵当に入れられる資産として活用すること

more

不動産登記の必要性を感じるときがある

不動産の所有権が移るときには、法務局で不動産登記の手続をするのですが、手間や費用もかかるために、司法

more

不動産登記を実施しない場合のデメリット

不動産登記に取り組むには、法務局申請に関する手続きを行う手間暇がかかりますし、登録免許税が生じるケー

more

不動産登記とはどうして行うのか

不動産を売買した時に、税金のひとつとして登録免許税という物があります。
不動産を登記するときに起こる経済的なメリットへの課税となっていますが、売主か、買主かによって多少異なるため、かかる税金の種類を知っておくことは重要です。
ただし、登記を行うのは売買する人でも不動産業者でもありません。
登記を行うのは司法書士に依頼することとなっているため、信頼できる司法書士に依頼して有料で登記の手続きを行いましょう。
なぜ不動産登記をしなければならないのか、それは、保有している不動産物件が誰のものなのか、その不動産で誰がどんなことをしたのかが記録しなければならないからです。
登記簿という記録媒体に記録しておき、見るときに登記記録をを見るといいます。
なお、登記を行うのは、不動産物件を買う・売る・遺産相続する・贈与するだけでなく、持っている土地に家や建物を新築・増築・解体するときにも必要です。
更に、意外なときに登記をしなければならないポイントとして、住宅ローンを借りる時・借り換えた時・完済したときも必要となっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

基本的に司法書士に依頼することによって登記を完了させることは可能となっていますが、完了させるためには事前に確認をしておいたほうがいいことがあります。
例として、信頼できる司法書士はどのように選んだらいいのか、基準を理解しておくことは重要です。
どんな基準で選んだらいいのか、どれくらいの費用がかかるのか、事前に確認をしてから話し合うことが必要となっています。
リーズナブルな価格で提供されているからといった予算だけで選ぶのではなく、信頼性などから選ぶことが重要です。
不動産登記を行うことによって、不当に誰かがその土地を占拠しても自分の土地であると証明できます。
国が管理をしているため、不当に選挙をしていても自分の物であると裁判でも証明できる証拠となるでしょう。
また、安全性だけではなく、遺産相続などでトラブルにならないよう、前もって話し合いをするための証拠ともなりやすいです。

Page Top