前へ
次へ

不動産登記を司法書士に依頼するメリットとは

土地や建物を購入したときや、土地や建物を抵当に入れていたローンの返済を終えたときなどには不動産登記をしなければなりません。
不動産業者に仲介を依頼して購入したときや、一般的な金融機関でローンを完済したときには業者の方で司法書士を用意して登記をしてもらえるのが一般的です。
ただ、その際に登録免許税だけでなく司法書士報酬も支払わなければならず、余計な負担を負うことになるのが気にかかる人もいるでしょう。
司法書士に依頼しなくても不動産登記をすることは可能で、必要書類に記入して申請するだけの簡単なものです。
それなのに司法書士に依頼するメリットがあるのかはよく考えておかなければなりません。
メリットとして挙げられるのは正確で安心だということで、権利範囲を誤ってしまったり、日時を間違えてしまったりすると損をするか虚偽の情報があったとして罰せされてしまうリスクがあります。
司法書士に任せればプロとして担当してくれるのでその心配はありません。

Page Top