前へ
次へ

不動産登記をすべき理由

不動産契約においては二重売買のケースもあります。
ですから、不動産登記しておかなければ手堅くありません。
さらに、ローンを組むケースでは、抵当権設定する都合上、不動産登記が不可欠になります。
どちらにしても、不動産会社を介して不動産を買い求める場合には、とくに意識していないケースでも、通常の場合は登記がなされているはずです。
しかしながら、相続などを通じて所有権移転があった場合には、登記が行われない状況で放置されているケースがあります。
相続登記をしないまま放置すれば、相続人のいずれかの人が亡くなってそれから相続があったときに、権利者数が増えることもあります。
登記は早めにやっておくにこしたことはないといえます。
不動産登記の意味合いは、自らが権利者であると公々然と主張できることです。
所有権移転登記は義務ではないと言えますが、登記していないと様々な不都合が現れます。
不動産に関して権利変動があった際には、時間を空けることなく手続完了させましょう。

Page Top