前へ
次へ

不動産登記は不備がないよう申請してください

土地や建物を購入する際、法務局で行うのが不動産登記です。
このように不動産登記を行う必要がありますが、登記自体は自分でも可能です。
実際に自分で行う人もいますが、手続きが複雑な面が多いので、法律の専門家に依頼する人も少なくありません。
例えば売買によって不動産の権利を取得した場合、売買契約書をはじめ、印鑑登録証明書や住民票、権利証などの書類が求められますし、相続によって取得した方は、遺産分割協議書をはじめ、住民票や印鑑登録証明書、戸籍謄本や除籍謄本などの書類が必要です。
登記の申請にはそれら書類が必要であり、ひとつでも証拠書類が欠けている時や申請書内容に不備があると、登記の手続きが中断してしまいます。
そのため、申請書の内容を訂正したり証拠書類を追加したりすることになりますが、その分、申請自体が遅れてしまいます。
登記を急いでいる人もいるはずので、そういう方は司法書士などの専門家に相談するのもひとつの方法です。

Page Top